チェコの医療は大丈夫か?

今日の、、、最高気温は-3°C、最低-3°C、平均-3°C、
日の出7:47、日の入り16:43、曇、小雪

今日は -3°C記念日なのか?この寒さは、、、まだまだ続くようですよ、、、
トラムの窓よりプラハ城を激写!!
b0111857_5521647.jpg


 ☃  ✼  ☃  ✼  ☃  ✼  ☃  ✼  ☃  ✼  ☃ 

最近、チェコの医療は大丈夫なのかな?と思うことが
周りでいくつかあったので記しておきます。

①半年ほど前、チェコ友Kちゃんのお母さん(62歳)が強い頭痛の後、斜視と乱視に。
病院へ行き診察してもらったところ血管の膨張によるものだろうと
痛みを和らげる強い薬を処方され、斜視も治りつつあったそう。
そして、クリスマスが過ぎ、また激しい頭痛があり、かかりつけの医者に電話で相談したところ
以前の症状と同じだろうからと診察ナシに同じ薬を処方れ、それで少し頭痛が軽減。
そして年末頃、弟さんが家で倒れているお母さんを発見し緊急入院、
検査したものの特に何も発見できず症状は悪くなる一方なので専門的に調べるために
ヘリコプターにてプラハの病院へ移送し検査したところ
脳に菌が入りこんでいることがわったそうですが、、、
時すでに遅し、、、脳溢血の状態になり、、、亡くなられました。
今は検査解剖中だそうですが、、、
友達は『検査結果を知らされても、、、何と答えていいものやら、、、
最初の病院で、もっとしっかりと検査してくれて菌が発見されていたら、、、
ホリデーシーズンで先生たちは、怠けていたのかもしれない、、、』と、、、。
リタイア後、夢をかなえるためにとても活動的だったそう、、、
私も友達のお母さんに何度かお会いしたことがあり、、、
いつも笑顔で元気ハツラツお母さんでした。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

②チェコ友Lちゃんのお母さんは、間違って処方された薬を1ヶ月飲み続け、、、
症状が悪化し緊急入院。現在は回復中とのことです。

③チェコ友Mちゃんの弟君がクリスマス休暇で田舎のお母さんの家で過ごしていたところ
お母さんの飼い犬に顔を噛まれ鼻が半分ほどもぎれる大怪我を、、、
そんな状況でも自分で車を運転して最寄の救急病院へ。
その小さな町の病院では応急処置しか出来ないので
弟君が住んでいるチェコで2番目に大きな街ブルノの病院へ行くことに、、、
、、、が、、、しかし、、、救急車の運転手がクリスマス休暇中でいなかった、、、(-_-;)
急遽Lちゃんが田舎の町に戻り弟君を車に乗せブルノまで2時間、運転したそう。
ブルノの病院の先生が避けたところもきれいに縫ってくれて
こちらも無事に回復中とのコトです。

いやはや、、、なんとも、、、信じがたい病院、先生、、、
救急車の運転手が居ないからって、、、自力で行けというのも、、、、(-_-;)
そして、、、なんだか大事な時に先生は休暇に入ってしまうことが多い、、、
先生の休暇の都合で診察や手術までもが延期されることが、ほんとーによく有るんですよ。
そーいえば、夫Rが手首を折った時に行った救急病院では
先生が英語を話せないという理由で、ずいぶんと嫌がられたそう、、、
そだそうだ、、、私も婦人科に久しぶりに行ったら担当のの先生が辞めていて
受付の女が「先生とは連絡が取れないので、私たちはあなたに出来ることは何も有りません」って
追い返されそうになり、、、いざこざモメて、、、で、、、やっと他の先生を紹介してくれて
1週間後に新しい先生の診察を受けに行ったら、、、
私の顔を見るなり「えっチェコ語話せないの?僕は、えーご出来ないからダメだダメだ」って
せっかく書いた初診のための紙を私の目の前でビリビリと破きやがった(-_-;)
診察はいいから薬だけ出しとお願いしても「ダメだダメだ」って、、、。
先生と私がもめている横で看護婦さんが始終ニコニコしていて
私が帰るとき「グッド・バーイ」と、
これまた満面の笑みで言ってくれたのが印象的だったな、、、。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

056.gif1日に一回クリックするごとに私達に代わって
協賛企業が1円寄付してくれます。
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

056.gif全てのサイトをクリックすると6円も寄付できてしまう!
JWordクリック募金

[PR]
by wmoon64 | 2014-01-24 04:53 | 暮らし・つぶやき